未分類

未分類

グローバル化の進展は公共投資の波及効果を小さくする

グローバル化の進展は公共投資の波及効果を小さくします。 40年前との比較で誰でもわかる大きな違いはグローバル化という現象でしょう。多くの企業が世界規模で取引を行うようになってきました。 それを可能とした物理的な条件は、インターネットをは...
未分類

公共投資は波及効果が大きくなる構造改革と同時に行うべき

公共投資は波及効果が小さくなったと理解する必要があります。 公共投資は波及効果が大きくなる構造改革と同時に行うべきではないでしょうか。 経済対策が報じられるとき、○兆円規模と予算規模で報じられます。 もちろん、国民の税金が使われるのだから...
未分類

公共投資受注企業の先行き不安が波及効果を小さくする

公共投資の波及効果が小さくなった要因の1つは、公共投資を受注する企業の先行き不安が挙げられます。 このWebサイトで比較対象としている1977年(昭和52年)との大きな違いです。 1977年(昭和52年)の交通網の整備状況は、山陽新幹線が...
未分類

普及期に消費増加を促す耐久消費財が今は普及し終わっている

所得増加が消費に結びつきやすいのは普及期の耐久消費財です。 今は普及し終わっています。 その分、現在の公共投資の波及効果は小さくなったと考えるべきでしょう。 耐久消費財は生活を変える力があります。 無かった時のことを想像すれば、生活が大き...
未分類

近年の公共投資の波及効果を40年前と比較して考えたい

近年の公共投資の波及効果は極めて小さいと考えられます。 40年前の1977年から自民党の頭が固まったままと考えます。 日本人及び日本組織は成功体験に引きづられる傾向があります。 自民党は未だ公共投資を景気対策として行う成功体験から抜け出し...
未分類

公共投資の波及効果があった40年前の1977年とは

近年の公共事業の波及効果は極めて小さいと考えます。 近年はそうだとしても、過去には波及効果があり、その成功体験があったからこそ、今なお膨大な金額が景気対策として投資されていると考えるべきでしょう。 その比較対象として、公共投資の波及効果が...
未分類

公共投資の波及効果は広く考えてみる。公共投資は刺激である

公共投資の波及効果とは何かを考えてみます。 一言で言えば、「投資された資金が経済活動での取引を重ねて波及して回っていく効果」です。 公共投資の景気浮揚効果を考える際に、公共投資に投じた資金の額がそのまま効果として出るという考え方ではありま...
未分類

日本で個人消費が伸びないのは年金の不安だけではない

日本で個人消費が伸びないのは、年金が不安だからだけではありません。自らの収入が増加する見込みが極めて少ないことと、所属企業の先行き不安もあります。 年金支給額を抑える新たなルールを盛り込んだ改正国民年金法が14日参議院本会議で可決、成立し...
未分類

Cybozu Days 2016に参加して、kintoneの良さを再確認しました

先日、11月9日、10日に行われました、Cybozu Days 2016に参加しました。 私はkintoneを契約しているので、kintoneに関するプログラムに参加しました。 内容は充実していて、改めてkintoneの良さを再確認しま...
未分類

安倍政権下では女性が活躍するための条件は良くならない

今年の4月1日に「女性活躍促進法」が施行されました。 この法律では、従業員301人以上の企業に女性登用のための行動計画策定・届出が義務づけらます。 厚生労働省のホームページを見ると、7月31日現在で従業員301人以上の企業全体の98.2%の...
タイトルとURLをコピーしました