伸加試6枠

ワーキングメモリに余裕を持たせる段階を重要な段階と考える

定められた内容を確実に速く処理できれば良い、と思う人も多いでしょう。 ワーキングメモリに余裕を持たせる段階は、技術向上の1つの重要な段階と考えます。特に、技術を応用する際の複雑な取り組みがやりやすくなります。 日本社会では、この段階をあまり...
伸加試6枠

処理スピードを速くすることで技術能力の向上を図る

処理スピードを速くすることも能力向上の要素の1つです。 単純に集中力が増して速くできるようになること、だけではありません。一時的に速くなっても、効果は少ないです。技術的に速くなることが必要です。 標準速度を速くするように心掛けます。標準速...
伸加試6枠

基礎技術を疎かにしない。意識して取り組むことが重要

技術の中には、二重構造になっていて、基礎技術と応用技術に分けて考えた方が良い場合もあります。 応用技術は背景にある基礎技術があって成り立っています。基礎技術の習得があやふやなら、個別の応用技術を覚えても、うまく活用できなくなります。 これ...
伸加試6枠

確実にできる段階にはリカバリー方法と例外の連絡を加える

技術取得する際に、目指す段階の一つとして、確実にできる段階があります。 時間が掛かっても良いから、1人で、教育者が見なくてもできる段階が必要です。 仕事なら、教育期間ということで、スピードが遅くても実際に仕事で使う場面になります。 もちろ...
伸加試6枠

技術取得はパーツに分ける練習方法が基本。手順抽出は重要

瞬間的な作業なら別ですが、多くの場合、技術は手順に基づいて、幾つかのパーツに分けて練習した方が習得しやすくなります。 一連の流れを一気に全てやろうとすると難しくなります。手順を整理して、パーツに分け、それぞれを克服するようにした方が、早く習...
伸加試6枠

真似ることは近道。高水準の取得は自分に何が必要かを考える

真似ることは技術取得の重要な方法です。 身近に真似る対象があれば、こんなチャンスを逃してはなりません。 単純に真似をするだけでは、高い水準には到達しません。 より高い高い水準の技術を取得しようと思えば、自分に何が必要かを考えることも重要な力...
伸加試6枠

技術取得の最初の段階は、やってみること、再現できること

技術とは再現できることです。 はじめのうちはマニュアルを見ながらでも良いから、とにかく、一定の水準のものを再現できることが、最初の到達点です。 その次の到達点は、忘れた時にすぐに手元で見返せるような、ポケットに入る手帳に書いたメモに頼りなが...
働き方改革

日本企業は人を大切にしていない。人的資本投資を増やすべき

この記事で話題にしたいのは、日本企業が人的資本投資を増やす必要性についてです。長時間労働に関して批判するものではありません。 「日本企業は人を大切にしていない」と書くことは、日本社会において多くの批判・反論が出る危険な言葉と感じています。...
伸加試6枠

能力向上を図るには、比較的得意な分野の能力向上が有効

比較的得意な仕事の依頼が来たときには、やってやろう、と思いませんか。 仕事は、当然のことながら、全てがやりたいことではありません。苦しい時、辛い時の方が多いでしょう。 しかし、気持ちが乗るような仕事があるのなら、その仕事に関する能力を伸ば...
伸加試6枠

感情的になると情報感度は低下。ワーキングメモリの重要性

感情的になると情報感度は低下します。このことからも、ワーキングメモリの状態は情報感度の状態に大きな影響を及ぼす存在と考えます。 皆さんは、「感情的になったら情報を感じ取りにくくなる」経験はないでしょうか。そもそも、周りの状況がわからなくな...
タイトルとURLをコピーしました